AURORAで生活を明るく

iFiのオールインワン・ミュージック・システムで、
いつも聴いている音楽に衝撃を生み出し、サウンドに浸りましょう。

award
award
award
award
award
award
award

日本から着想を得たフランスデザイン

iFiのデザイナー、ジュリアン・ハジザは、日本の工業デザイナーと建築、例えば坂茂、安藤忠雄、表参道と原宿からインスピレーションを得ました。 竹で覆われ、独特のアルミニウムフレームで持ち上げられたAURORAのデザインは特徴的です。 それは日本の建築の壮大なスケールを模倣しています–ヴィンテージのヒントと絡み合った鮮明でクリーンなライン。 AURORAのコンセプトである「トゥール・ドゥ・フォルス」を表現しています。

「Emotion」が
音楽を増幅する

AURORAは、iFi独自の新しいアンプテクノロジーをいくつも盛り込み、融合させたPureEmotionによって駆動されます。 純度の高い音色と高品位な音楽の調和、スピード、躍動を兼ね備えたサウンドを提供し、音楽が人を感動させる、音楽の素晴らしさを最大限に発揮できるようにします。iFiはこの技術をPureEmotionと名付けました。

ほんもののアナログ

多くのオーディオ製品は、デジタル信号処理(DSP)を使用して、一体型システムから疑似的なサウンドステージを提供します。 これは、音質を損なう人工的な損失の多いプロセスです。AURORAの巧妙なテクノロジーは、アナログ領域で動作するため、音質の損失を完全に回避します。 SoundSpaceは、部屋いっぱいにサウンドを提供し、一体型システムには期待できなかったスケール感と空間感を音楽に与えます。 TrueBassは、深みと鮮明さを備えた本物の低音を提供します。 ティンパニからベースギターまで、すべてが力強く落ち着いて伝わってきます。

どこでも最高の音質を

Auto Room Tailoring(ART)を使用すると、AURORAは部屋の位置に応じてスピーカー特性を自動的に調整します。ARTの効果は、ライブ会場のサウンドエンジニアが行う調整に似ています。どのような条件でも最高の音質を発揮するのです。 そして、ARTを特別なものにしているのは、アナログ領域で実行されることです。こじんまりした音を忘れて、あなたを魅了する深く空間を満たす音を想像してみてください。それがAURORAの音です。

様々な音楽ソースを

Spotifyなどのストリーミングサービスをお楽しみいただけます。ARTの効果により、AURORAは設置した場所に適応します。

テレビの下に置き、Bluetoothまたは光ケーブルで接続して、スタイリッシュなサウンドバーとしても使えます。

Wi-Fi経由で複数のAURORAをリンクして、同期または個別に再生するマルチルームシステムを作成することもできます。

AURORAは様々な音楽のニーズに対応します。

Bluetoothの躍進

AURORAはBluetooth 5.0を使用しています—最新のQualcomm5100シリーズチップセットを搭載した最新バージョンです。非常に滑らかな音質を持つESS SabreDACチップを使用しています。 aptXおよびaptX HD、aptX Low Latency、aptX Adaptive、LDACおよびHWA / LHDC、ハイレゾBluetoothコーデックを含む現行すべてのBluetoothオーディオフォーマットに対応しています。もちろん、従来のSBC/AACにも対応しています。

これらのコーデックとAURORAの信号処理から生み出される音質は、今までのBluetoothのイメージとは全く異なるものなのです。

将来を見据えて

ワイヤレス接続に加えて、光、同軸、USBホスト、LAN入力、複数のデジタル入力に対応し、また、アナログ入力のための3.5mmジャックも備えています。micro SDカードからの再生にも対応します。

AURORAは、その竹で形どられた筐体によってどんなハウスデザインにもマッチし、音楽の感動を生活に加えるのです。

技術仕様

AURORAの心臓部には、iFiが「PureEmotion」と呼んでいる専用のアンプ・テクノロジーが搭載されています。鍵となるいくつかのステージで構成されたハイブリッド回路設計です。そのひとつとなるプリアンプ・ステージには、ロシア製の6N3P真空管を組み込んでいます(有機液晶ディスプレイに隣接する窓から見ることができます)。このステージは、AURORAのDAC(デジタルからアナログへの変換)回路(ESSテクノロジーの有名な32ビットSabre DACファミリーのチップを基盤にしています)から送られてくるアナログ・オーディオ信号を受け取り、さらなる増幅に備えてゲインを増し、サウンドに純粋な音質、オープンなイメージング、自然な流れを与えます。

AURORAに使われているロシアの6N3Pは、2C51プレミアム真空管規格のものです。 左右のチャンネルのプリアンプステージに使用されます。 6N3Pは、チューブの美しさ、リアルなサウンドを実現します。これは、一体型システムでは珍しいことです。

「TrueBass」もまた、厳密にアナログ領域で動作する専用のサウンド・チューニング・テクノロジーです。一体型システムが生み出す低音の深さと質は、往々にしていろいろと不満な点がありますが、下方に向かって音を放射するパッシブ・ラジエーターを取り入れた「TrueBass」システムによって、AURORAはリアルな深さと精細性を持った、ほんものの低音を生み出すことができるのです。低音の深さをデュアル・レベルでコントロールできるということは、好みに応じて低域のレスポンスを(何と27Hzという低域まで)調節することができるということであり、その結果、ティンパニからベース・ギター、さらにはエレクトロニック・ベースラインに至るまで、すべてがパワフルに、整然と伝送されるのです。

AURORAは、すべてが自社開発のART(Automatic Room Tailoring)と呼ばれる「ルーム補正」システムを取り入れています。ボタンを押すと、6つのマイクロフォンが超音波で周囲の壁までの距離を計測します。次に、32ビットのARMCortexマイクロプロセッサーがドライバー・アレイからの出力を調節して、AURORAのパフォーマンスを精確に適合させます。この効果は、サウンド・エンジニアが異なった場所に合うようにサウンドを適応させる際に、ミキシング・デスクで行う調節と同じです。

すべての調節は厳密にアナログ領域で行われ、他の部屋矯正システムがやっているようにDSPやフィードバックに依存することはありません。これによって、部屋の様式や壁からの反射に対して不自然な方法でサウンドを「ニュートラル化」しようとすることなく反応して、ずっと精細で精確にサウンドを適合させることができます。大きな部屋、小さな部屋、部屋の角、壁際、フリースペース - AURORAをどこに置こうと、最高のパフォーマンスを見せてくれるのです。

LINKPLAYはWi-Fi /ネットワーク再生、Spotify Connect対応およびDLNAで32bit/ 192kHz再生対応など、幅広い再生方式に対応しています。AURORAは、コンピューターなしで音楽を再生することができるのです。

iFiのBluetooth実装は、よく見られる標準的なSoC(システムオンチップ)を使用していません。SoCで実装される各要素を品質の高い部品で構成することにより、各段階より多くの情報を引き出します。 Bluetooth信号を受け取ったQualcommのBluetoothチップからオーディオデジタル信号を取り出し、ESS SabreDACチップに送り出し、信号をデジタルからアナログに変換します。GMTフェムトプレシジョンクロックシステムを使用してジッターを排除し、Bluetoothの標準的な音質を大幅に上回ります。

ESS Sabre Hyperstream DACチップはタイムドメイン・ジッター除去、ディスクリート・オシレーター、112dBに及ぶダイナミックレンジを備え、音楽マニアであっても満足いただけます。

デジタル・ステージには、GMT(Global Master Timing)フェムト秒精度クロックやインテリジェント・メモリー・バッファを含む幅広いジッター根絶テクノロジーが用いられています。これは、最初からシステマティックなデジタル・ソリューションが計られているということであり、これによってジッター問題を永遠に解決しているのです。

仕様

対応スペック

16-32bit/44.1kHz~192kHz

入力

aptxHD/aptxAdpative/aptX/LDAC/HWA/AACによるハイレゾ対応Bluetoothオーディオ

NASまたはサーバーからのDLNAネットワークオーディオ再生、AirPlay、ストリーミングオーディオ(Spotify/Apple Music/Amazon Music/Tidal hifi/Deezerなど)、USBストレージからの再生、SDカード、同軸および光S/PDIF(ブルーレイプレーヤー、ゲーム機、スマートTVなど)

RCAステレオ&3.5mmステレオ (Alexa、CDプレーヤー、レコードプレーヤーからのアナログオーディオ用)

スピーカーシステム

4 x 4.5インチ (120mm) コーティング・ペーパー・コーン・ワイドバンド・ドライバー

2 x 1.1インチ(28mm)シルク・ドーム・トゥイーター(8kHzクロスオーバー)×2

2 x 4.5インチ x 8インチ(120mm x 200mm) スチール製パッシブラジエーター

周波数特性

27Hz - 40kHz

最大音圧レベル

115dB/1m

アンプ部

真空管クラスA増幅とのハイブリッドで動作

パワーバッファオペレーティング 1.411MHz/1.536MHzスイッチング周波数

周波数特性

15Hz〜150kHz

最大消費電力

320VA

歪率

0.05%以下

その他

リモコン用電池:

CR2025

※製品に付属しておりませんので別途お買い求めください

サイズ

59cm(幅)×27cm(高さ)×28cm(奥行き)

重量

15kg

保証

12ヶ月

標準的な小売価格

190,000円(税別)

バーコード

5060738782260

※仕様は予告なく変更する場合がございます

ダウンロード

日本語マニュアル:

レビュー&ニュース

Wi-Fiスピーカーへの印象を改めるとき、iFi-Audioの「AURORA」は感激の音 Wi-Fiスピーカーへの印象を改めるとき、iFi-Audioの「AURORA」は感激の音
Wi-Fiスピーカーへの印象を改めるとき、iFi-Audioの「AURORA」は感激の音

2020年04月22日

iFi-AudioのWi-Fiスピーカー「AURORA」がスゴそうだ。  資料をみてそう感じたのだが、デモ機を借用して実際に使ってみたところ、その直感は間違っていないように思えた。  一体型オーディオは、単品オーディオと比べて音質面で不利だという先入観を吹き飛ばす再生パフォーマンスの高さは驚きものだ。コンパクトで音のいいオーディオシステムが欲しい人はぜひ体験してほしいサウンドだ。

AURORA発売のお知らせ AURORA発売のお知らせ
AURORA発売のお知らせ

2020年4月10日

iFiの新しいワイヤレス音楽システム「AURORA」は、独占技術をこれ一台にまとめ、他のどのようなデスクトップ・オールインワン・システムとも違う音の体験をお届けします。