nano_iCAN 01.png

nano_iCAN 05.png

iCAN Ver1.219.png

アナログ入力専用モバイルヘッドフォンアンプ ─ nano iCAN

iFi nano iCAN は、数々の受賞歴を持つiFi microシリーズのiCANのサイズを半分にし、バッテリー駆動仕様にしたものです。
多くの人々にとって、音楽を楽しむには、“数字の上で”ハイエンドであるとともに、“ダイナミックな”ポータブルシステムとしても優秀なコンポーネトが必要になります。nano iCANはこの要求を完璧に満たします。
RCA 3.5ミリ入力端子を備え、リチウム・ポリマー・バッテリーで動作するので、いつでもどこでも、どんな音楽でも、楽しむことができます。
nano iCAN は、谷のように深い低音を備えた優れたサウンドという、iFiの伝統を守っています。その極上の回路設計はDirectDriveテクノロジーを使用しています。つまり、出力コンデンサーが不要なのです。
真に驚異的なヘッドフォンアンプは、使う人が調節することができなければなりません。まず第1に、様々な録音に対応するために、nano iCAN はヘッドフォン用のオリジナル3Dホログラフィックサウンドを備えています。これによって、サウンドを頭の外側に戻すのです。第2に、様々なヘッドフォンに対応するために、XBassと選択可能なゲインスイッチを備えているので、これによってひとつひとつのヘッドフォンの潜在能力を、家庭内であろうと移動中であろうと、最大限に解き放つことができるのです。
最上級のサウンドを持ってお出かけです。

70hours.png 駆動時間70時間超

nano iCAN の選択可能な電源供給には2つの利点があります。まず第1に、音楽をポータブルで楽しむことができるという点です。この場合は、 iPhone/iPad/Androidといった音楽ソースを3.5ミリ出力端子(ステレオ・ミニプラグ)で接続するだけです。第2に、家庭で使用する際には9Vの電源が使える点です。これを利用すれば、ヘッドフォンの潜在能力を、実に容易に最大限引き出すことができます。
オンボードの内蔵リチウムバッテリーによって、ハイエンドのどんな音楽でも、いつでもどこでも70時間以上楽しむことができます。

DD.jpgDirectDrive(ダイレクトドライブ)

パワフル! DDテクノロジーによる
150mWヘッドフォン出力

ポータブルヘッドフォンアンプは数多くあります。nano iCANもそのひとつですが、DirectDriveテクノロジーによってカップリングコンデンサーが不要になるので、もっともダイレクトな信号経路が実現し、音楽のエッセンスが保たれるのです。

DirectDriveテクノロジーは、iFiの一連の製品がこれほど絶賛される理由の核をなす技術のひとつなのです。

3D.jpg 3Dホログラフィックサウンド・システム

ヘッドフォン用の3Dホログラフィックサウンドシステムはあらゆる人々に高く評価され、今ではこのテクノロジーを模倣しようとする人が現れています。これは私たちにとっては最高の自慢です。
録音を頭の外側に置くことによって(しかもそれを一般的なクロスフィードによって実現するのではないのです)、nano iCANは独自の存在となっています。文字通り、競合相手など存在しないのです。

レコーディングは、ヘッドフォンを前提にではなく、スピーカーを前提に行われます。よくある「頭の中で」音が鳴っているという体験は、これで説明がつきます。3Dホログラフィックサウンド・システムはこれを改良して、演奏者たちを頭の中から部屋の中へと移してくれるのです。

私たちが創りたかったのは、聴く人のイマジネーションを自由に走らせる、最高に活気のある音楽演奏を再創造してくれるヘッドフォン・アンプです。演奏者たちが聴く人の前で演奏するライブ・コンサートと同様の体験を与えてくれるヘッドフォン・アンプなのです。
活気に満ちた、ダイナミックな、解像度の高い音。聴く人を揺り動かす音楽です。とりわけ3Dホログラフィックサウンド・システムによって、私たちはまさにハイエンドの3D音場を、サウンドにダメージを与えるDSPなどを用いることなく、創造したのです。

これに近いものといえば、世界のレコーディング・スタジオで使われている、最高のプロフェッショナル・グレイドのヘッドフォン・アンプのいくつかしかありません。

iCAN_text_2_l.jpg
通常のヘッドフォン再生のイメージ

iCAN_text_2_r.jpg
3DホログラフィックサウンドONのイメージ

XB.jpg X-Bass

すべてのヘッドフォンと録音は、ひとつひとつ異なっています。
XBassは、microシリーズのiCANの技術を踏襲し、nano iCANのユーザーも同様に驚異的な、谷のように深い低音をヘッドフォンから取り出せるようにしています。
一度試したらもう戻れません。

あらゆる種類のヘッドフォンから最高の音を引き出すために、私たちのエンジニアは、苦労を惜しまず、何100ものヘッドフォンをテストし、測定し、試聴しました。

X-Bassサウンド・エンハンスメント・システムは、どんなヘッドフォンにも合うものとなりました。大型のヘッドフォンも、小型のヘッドフォンも、かつてないほどの、最高に深い低音に達することができるのです。

3Dホログラフィックサウンド・システムと同じように、そしてiFiのハイエンドのDNAに違わないように、X-Bass回路は音にダメージを与えるDSP#などは一切使用せずに機能します。

仕様

●電源:内蔵リチウムポリマーバッテリー/外部入力電源AC100-240V, 50/60Hz(ACアダプター付属)
●バッテリー駆動時間:~70時間
●入力:RCAステレオ/3.5mmステレオプラグ
●出力:6.3mm標準プラグ(3.5mmアダプター付き)
●アナログ・プロセシング:X-Bass/3D Sound/Gain: 8dB/18dB (selectable)
●SN比:112dB(A)
●全高調波歪 (100mW):< 0.02%
●出力(32R):130mW (external power)
●寸法:87(l) x 68 (w) x 28 (h) mm
●本体重量160g (0.35lbs)
●保証:ご購入から1年(要保証書、または購入時レシート)
●標準的な小売価格:26,000円(税別)/28,080円(税込)
●バーコード:5081313801107(EAN)
5081313801107_Nano_iCAN.png

フロントパネル

1-5.jpg
1. 標準(6.3ミリ)・ヘッドフォンジャック
ヘッドフォンを接続します。

2. XBass®
独自の設計によるXBassは、様々なヘッドフォンに対応できるように、低域のレスポンスを拡大します。
●低域が不足気味のヘッドフォン
─ダイレクト(XBassを使用しない)

3. 3D ホログラフィックサウンド
一組のスピーカーを聴いているかのようなホログラフィックな音場を生み出します。

●3D ホログラフィックサウンドON
─ダイレクト(3D ホログラフィックサウンドを
使用しない)

4. ボリュームコントロール&電源ON/OFF

5. ゲインスイッチ
ゲインを調節するディップスイッチはnano iCANの底面にあります。

Gain.psd

リアパネル

6-8.jpg

6. DC電源入力
付属の電源アダプターのみを使用してください。

7. RCAライン入力

8. 3.5ミリ・ライン入力

ヒント:どちらかひとつの入力のみを接続してください。

3. LED

状態
充電中 ブルー
正常 グリーン
バッテリー残量少 レッド