この小さい筐体には、技術の粋が詰め込まれています
レコードのすべての音を聞いてください

award

レコードのために

バックグラウンドノイズは漆黒と言っていいほどに静かです。

micro iPhono 3 BLのフォノステージ回路は、最高のオーディオグレードパーツのみを使用しています。 コンピュータを用いてマッチングしたオペアンプ、ハイゲインバイポーラ出力トランジスタ、ニチコンオーディオグレードコンデンサ。これだけではありません。

micro iPhono 3 BLは音楽を素晴らしいものにします。あなたのLPで聞いてみてください。

静かな夜でもノイズ無し

micro iPhono 3 BLは超ローノイズ、ノイズフロア85dB(Stereophile誌基準)を誇ります。現代において最も静かなフォノステージの1つです。

他の優れたフォノステージと同様に、ノイズではなく信号を増幅します。この極めて静かなノイズフロアは、オーディオシステムの試聴位置からは聞こえません。 お気に入りのリスニングチェアに座って試してみてください。

正確なイコライゼーション

正確なEQカーブと驚異的な108dBに及ぶダイナミックレンジ。 あなたのリスニングルームはコンサートホールになります。

iFiの親会社であるAMRのPH-77(12,000ドル、日本未発売)はEQカーブを23種も備えており、今日までレコード再生のベンチマークとされています。micro iPhono3 BLにはAMR PH-77からのトリクルダウンで、最も人気のある6つのステレオEQカーブを備えました。

悪名高い「1812」を試してみてください。他のフォノイコライザーと同じ結果にはならないでしょう。micro iPhono 3 BLを使うと、次から次に「もう1枚聞いてみよう」となるはずです。

正確に設定して再生する

あなたのカートリッジは愛情を込めて作られています。 MMであろうとMCであろうと、それぞれのカートリッジは独自のパフォーマンスを持っています。

micro iPhono 3 BLは、AMR PH-77と同様に、使用しているカートリッジの正確な負荷/ゲインを設定できます。正確な設定は、あなたの貴重なカートリッジからパフォーマンスの最後の一滴を絞り出します。

ワクワクするスペック

micro iPhono 3 BLの最先端の回路には、「Class A TubeState」および「Direct Drive Servoless」テクノロジーが組み込まれています。iFiのためにAMRによって特別に開発されました。

これらはすべて、バーブラウン、TDK、ニチコン等の非常に特別なオーディオグレードパーツによって支えられています。

このような専用回路と専用コンポーネントにより、ささやくように極めて静かなノイズフロアがあり、THDの測定値は0.005%未満となっているのです。

技術仕様

ソリッドステートからの真空管の「魔法」の音を引き出す
iFiの「Class A TubeState」テクノロジーは、主任設計者 Thorsten Loeschの真空管とトランジスタにおける40年近い研究の結果です。
重要なのは、歪みを追加することではなく、特定の種類の歪みを回避することです。ある種の真空管回路にはない歪みがソリッドステート回路にはあり、その歪みが聴感上音質を損なうことが分かったのです。「Class A TubeState」テクノロジーは、真空管の音質を歪みやノイズを付加するのではなく、ソリッドステート回路から歪みを排除することで、真空管の「魔法」の音をソリッドステート回路で実現しています。

EQカーブを正確に一致させます
オリジナル盤を正しいEQカーブで再生してみてください。オーディオシステムのクオリティが高ければ高いほど、EQカーブをLPと一致させる最後の数パーセントが非常に重要になってきます。
micro iPhono 3 BLは標準的なRIAAを含む3種のRIAAカーブ、Columbia, DECCA FFRRカーブを備えています。あなたのLPコレクションの中には、RIAA以外のこれらのEQカーブに一致するLPがあるはずです。

基板を見ると、出力カップリングコンデンサがありません。
「Direct Drive Servoless」による効果は測定値には表れませんが、聴感でははっきりと分かります。オーディオ愛好家の音楽体験にとっての重要な要素です。
標準のフォノステージ設計とは異なり、micro iPhono 3 BLは、カートリッジから出力がダイレクト・カップルされる(つまり、カップリングコンデンサなし)という特別な設計の伝統を継承しており、従来のDCサーボを必要としません。

micro iPhono 3 BLでは、独自の「DC-Infinity」回路が回路のDCゲインを無限に近いレベル(約1兆倍)にまで増幅します。
フィードバック・ループが閉回路となると、この無限に近いDCゲインはすべてのオフセット電圧をキャンセルして、0V DCオフセットでダイレクトカップル出力を伝送します。「DC-Infinity」回路の鍵は、約0.01Hz以下のゲインを変えるだけで、高い周波数領域での回路のACの動作は変えないので、オーディオ信号にはノイズも歪も生じないという点です。
「DC-Infinity」回路のノイズと歪は、出力信号と同じ信号レベルで生じるので、設計上は、実際のアンプのノイズと歪よりも100倍少ないということになります。ノイズと歪を高い効果で消滅させるのです。

ニチコンオーディオグレードコンデンサ、パナソニックOSCON / ECPUコンデンサ、MELF抵抗、TDK C0Gコンデンサ…等々。
micro iPhono 3 BLの内部回路は、これらのオーディオグレードパーツによって構成されています。

仕様

周波数特性

10Hz – 100KHz (±0.3dB)、20Hz – 20kHz (±0.2dB)

ダイナミック・レンジ

MM (36dB): > 108dB (A-weighted)

MC (60dB): > 106dB (A-weighted)

S/N比

MM (36dB): > 85dB (A-weighted re. 5mV)

MC (60dB): > 85dB (A-weighted re. 0.5mV)

オーバーロードマージン

MM (36dB): > 26dB (re. 5mV, @ 1% THD)

MC (60dB): > 22dB (re 0.5mV, @ 1% THD)

クロストーク

<-71dB (1KHz)

最大出力

7V (Load >= 600 Ohm, THD <=1%)

全高調波歪(THD)

<0.005% (MM 36dB 1V out 600R Load)

出力インピーダンス

<100Ω

入力電力

AC 100 – 240V, 50/60Hz

消費電力

< 5W(iPower15V付属)

寸法

158 x 58 x 28 mm

重量

265 g

バーコード

5060738780914

標準的な小売価格

151,800円(税込)

保証

12ヶ月

※仕様は予告なく変更する場合がございます

ダウンロード

日本語マニュアル:

簡易設定ガイド:

レビュー&ニュース

第4回「iFi audio micro iPhono 3 BLを使い倒す(前編)」 | 田中伊佐資の“やっぱオーディオ無茶おもろい”

2021年2月7日

第4回はiFi audio micro iPhono 3 BLを特集します。 初代iPhonoから使っている田中伊佐資氏には、筆箱サイズのiPhonoシリーズならではの使いこなし術があるそうです。

第5回「iFi audio micro iPhono 3 BLを使い倒す(後編)」 | 田中伊佐資の“やっぱオーディオ無茶おもろい”

2021年2月14日

第5回は前回に引き続きiFi audio micro iPhono 3 BLを特集します。 micro iPhono 3 BLの多種多様な設定機能、その一部を紹介します。

micro iPhono 3 BL製品紹介動画

2021年1月26日

YouTubeにて動画を公開しています

micro iPhono3 BL発売のお知らせ micro iPhono3 BL発売のお知らせ
micro iPhono3 BL発売のお知らせ

2020年9月14日

開発に数年をかけたiFiの新しいフラッグシップ・フォノステージmicro iPhono3 BLは、あらゆるMC/MMカートリッジ、あらゆるレコードに合わせて最適の数値を設定できるようになっています。性能と対応幅の広さで、ミドル〜ハイクラスのフォノステージの中で独自の存在となっており、もっとずっと高価な機器にも十分に対抗できます。