micro iDSD BL & micro iDSD - Firmware

MQA対応iFi XMOSファームウェア・バージョン5.30「クッキー&クリーム」

このファームウェアは、以下の製品で動作します。

  • micro iDSD BL & micro iDSD
  • Retro Stereo 50
  • micro iDAC2
  • xDSD
  • nano iDSD BL/LE/original
  • nano iONE

iFi製品では、MQAファイル再生時にiFi製品のLEDは本来マジェンタに点灯しますが、マジェンタのLEDが搭載されていないレガシー製品(旧製品)において、MQAファイル再生時のLEDは384kHzファイル再生時と同様の白色/黄色に点灯します。

nano iONEは、アップグレードするとLEDの機能がフルに使用できるようになります。つまり、マジェンタLEDが有効になるということですが、そのためには一度製品をご購入店を経由して弊社リペアセンターに返送していただく必要があります。MCU(Master Control Unit)をアップデートする必要があるのですが、それには特別な処理が必要になるからです。詳細はコンタクト欄のサポートフォームを開いてご連絡下さい。なおnano iONEのアップグレードは、2018年6月からご利用いただける予定です(2018年4月現在)。

micro iDSD BLとmicroi iDSD:
MQAとの互換性に最適化した最も重要なバージョンです。MQA LEDはイエローです。

MQAではなくDSD512/PCM768に最適化したいと望まれる場合は、バージョン5.2/5.2B「Limoncello」をインストールしてください。

MQAファームウェアのアップデート方法

iFiユーザー以外の方は、iFi製以外のXMOS製品用にこのファームウェアをダウンロードしないでください。このファームウェアはXMOS専用ファームウェアで、しかもiFi製品専用です。iFi製以外のXMOS製品にこのファームウェアを使用すると、故障の危険性があります。

No. バージョン 日付 説明 Windows
ダウンロード
Mac OS
ダウンロード
7.  5.3「クッキー&クリーム」 Mar.2018 メジャー・アップデート
・MQA完全対応(LEDはイエロー)
・主要なコードの最適化。
・SPDIF出力を無効化します(MQAはSPDIFパススルーを行いません)
ダウンロード   ダウンロード
6. 5.2&5.2B「リモンチェッロ」 May. 2016 マイナー・アップデート
・v5.1とほぼ同じですが、以下が異なります。
・小規模なコードの最適化
・DoPの標準仕様にまつわる問題が解決されました。トラックを切り替える時に発生する“クリック音”、ネイティブDSDとの音の違い、その他の小さなバグなどが修正されています。
ダウンロード ダウンロード
5.  5.1「ジェラート」
サブバージョン5.1A「DoP256」
5.1B「スリープの無効化」
Feb.
2016 
メジャー・アップデート
・刷新されたXMOS“ディープ・コア・プロセス”ソフトウェアによって、SPDIFの様々な動作に対応します(以前はXMOSはUSBセクションを修正していました)。
・DSD256をDoPモードで使用する際に、48kHzのサンプリングレートによるアップコンバージョンでDSD256が可能になりました。
・5.1Bはスマートフォンを使う場合だけに使用するバージョンで、micro iDSDでこの5.1Bを使用する他の理由はありません。
micro iDSDはスリープモード時(たとえばPCに接続されている時)に充電しようとします。スマートフォンに接続されていると、コンピューターに接続されていると認識するので、スマートフォンから充電しようとしてしまいます。バージョン5.1Bは、micro iDSD内でこのスリープモードを無効にするので、スリープモード時に充電しようとして、スマートフォンの電池を消耗させるということがなくなります。バージョン5.1Bは、micro iDSD以外の製品では使用しないでください。
ダウンロード ダウンロード
4. 5.0「バニラ」/
5.0A「ストロベリー」  
 Aug.
2015
メジャー・アップデート
・コードの最適化
・DSD256をASIO経由のみで利用可能な5.0「バニラ」とDoPでも利用可能な5.0A「ストロベリー」のどちらかを適宜選択
・マイナーアップデート及びバグフィックス
ダウンロード ダウンロード 
3. 4.10  Jul.
2014
メジャー・アップデート
・コードの最適化
・マイナーアップデート及びバグフィックス 
ダウンロード  -
2. 4.06 Sept.
2014 
・DoP再生の標準仕様時のトラックを切り替える時に発生するクリック音やポップノイズ周辺を対策 ダウンロード
1. 4.04   Jul.
2014
 XMOSのためにカスタマイズされたオリジナル・ファームウェア ダウンロード 



注意: あらゆるファームウェアのアップグレードについて言えることですが、アップグレード中に何か問題が起こると、iFi製品が動作しなくなる危険性があります。もしもiFi製品が動作しなくなったら、保証適用外で修理する必要が生じます。
ですから、ただおもしろがってファームウェアをアップグレードしたりダウングレードしたりするのは、お勧めできません。必要な場合にのみ、アップグレードやダウングレードを行ってください。

ステップ2以降
Windows→ こちら
Mac OS→ こちら