iUSB Power Ver1.159.png

iUSBPower 04.png

iUSBPower 05.png

iUSBPower

iUSBPowerはPCからのUSB入力をUSBオーディオクラス2の状態を保ったままバスパワー電源と音楽信号を分離、USBオーディオで常に問題となるPCからのノイズを極限まで減衰、バッテリーノイズ以下のノイズ削減を実現し、USBポートからのオーディオ信号を一気にオーディオクラスにまで高め、そのまま分離して出すことも、再統合して出すことも可能な、他に類を見ない商品です。

以下はコンピューターのUSBポートからのノイズを100とした場合の値です。iUSBPowerのノイズレベルはPCのUSBポートの1000分の一、9Vバッテリー機器からのデジタル音声出力とくらべてさえ六分の一になっています。

iUSBP_グラフ1a.jpg

iFIの主任エンジニア、トルステン・レッシュは「なぜこのボックス型の装置が必要なのか?」というたくさんの質問を受けました。
答えは簡単です。USBは「オーディオ信号」と「電力」の両方を供給するからです。
多くのUSBオーディオ機器は、少なくともどこかの部分が電力で駆動されます。オーディオ機器のすべてが、パソコンのUSBポート経由で供給されたバスパワー電力で作動することもよくあります。
パソコンのUSBポートから供給されるバスパワー電力の質はさまざまですが、常にノイズに汚染されています。

下のグラフは、ifiのiUSBPowerとノートパソコンのUSBポートを比較したものです。ノートパソコンはバッテリー駆動し、バッテリーチャージャーはコンセントに接続していない状態で、オーディオ用に最適な、アイドリング状態になっています。音楽を再生すると、数値はさらに悪くなります。
では、いちばんノイズが少ないのは世間でよく言われるバッテリー電源か?…必ずしもそうではありません。
完全を期して、乾電池と充電池もテストしてみました。これらの電源は“究極の”電源であると、誇大宣伝されているからです。

iUSBP_グラフ1b.jpg

一般のノートパソコンやデスクトップパソコンの多くは、何10ミリボルトものノイズを放出します。それは、音楽信号と同程度の強さであることもよくあり、音楽演奏の繊細で微細なニュアスをはるかに越えることもあります。もうひとつの問題は、コンピューターとUSBオーディオ機器のアース接続の存在です。このアース接続によって、アースループが生まれ、可聴帯域内でのハム音は生じないとしても、音質が損なわれることになるのです。

コンピューター・ベースのオーディオが期待通りの優れた音質に達しないことがよくありますが、それはほとんど驚くにはあたりません。では、なぜメーカーは、USBのバスパワーに依存し続けるのでしょうか? それは、コストがかかるからです。携帯性や実用性への配慮も理由になっています。

USBの電力供給にiUSBPowerを加え、iFiの独自技術IsoEarthを用いてアースループを遮断することによって、明晰性、細部のニュアンス、音楽性に大きな改善が生まれます。どんなオーディオ機器も電力で駆動されますが、iUSBPowerによってUSBオーディオ機器は汚染されていない電力を得ることができ、バッテリー駆動以上にノイズを下げることができるのです。


再生イメージ(ノイズまみれ).jpg再生イメージ(クリア).jpg


ISO.jpgこのiUSBPowerの真の秘密兵器は、Iso Earthによってアースループを遮断する能力です。測定の結果、すでに最適化され、可聴帯域内のノイズがなくなっている装置においてさえも、さらに10倍以上の改善が見られたのです。

iFiによるより良きコンピュータ・オーディオ再生に、iUSBPowerは必須です。
iUSBPowerの使用にあたってドライバーのインストールやプラグインを当てたりする必要はありません。後日ご案内する同社iDACはもちろんのこと、USオーディオクラス2.0ハイスピードに対応した他社製DACすべてに対応するため、バスパワー給電のみで作動する他社製DSD-DACであろうと、ASIOドライバーで動作するDAC、レコーディング用オーディオ・インターフェースであろうと、すべてに有効です!
しかも、カメラ・コネクション・キットを用いてiPadをiUSBPowerに接続すれば、よく言われる電源供給不足も起こらず、好きなDACに繋げて安心してiPadからのハイレゾ再生を楽しめます。
なおこの製品は、オーディオグレードのUSBケーブルでよりよい効果を発揮するのはもちろん、2013年5月に発売予定のiFi GEMINI デュアルヘッドUSBケーブルにより最高のパフォーマンスを発揮します。

iUSBP_Diagram.jpg

仕様

●USB Audio Class 2.0ハイスピード
●電源 AC100-240V, 50/60Hz(ACアダプター付属)
●出力 5V+/-0.5%/出力電流 1A
●消費電力 9W (USBデバイス含む)
●サイズ 158(i)×68(w)×28(h)mm
●重量 195g(本体)
●保証:ご購入から1年(要保証書、または購入時レシート)
●標準的な小売価格:36,000円(税別)/38,880円(税込)
●バーコード:5081313801046(EAN)

5081313801046.jpg


1. USB出力(バスパワー電力のみ)

iUSBP_web_01.jpg

別売(2013年5月発売予定)のiFi GEMINI デュアルヘッドUSBケーブルを使う場合だけ使用してください。「Power」と表示されたUSBコネクターをこのポートに接続してください。

ヒント
最高の音質を得るには、別売のiFi GEMINI デュアルヘッドUSBケーブルを使用してください。

2. USB出力(電力+オーディオ)

iUSBP_web_02.jpg

一般のUSBケーブルに使用してください。ケーブルをこのポートに接続し、USB機器(USB DAC、USBアンプ、USBスピーカーなど)と接続してください。
オプションのiFi GEMINI デュアルヘッドUSBケーブルを使用する時は、「Audio」と表示されたUSBコネクターをこのポートに接続してください。


3. DC電源入力

iUSBP_web_03.jpg

ACアダプターをここに接続してください。
付属のアダプター以外は使用しないでください。

4. IsoEarth (アースノイズ除去システム)入/切 スイッチ

iUSBP_web_04.jpg

ヒント
最高のパフォーマンスを得るには、このIsoEarthシステムを可能な限り「engaged(入)」にしてください。USB機器がコンピュータにうまくつながらない場合のみ「disable(切)」にしてください。
ヒント
IsoEarthはアースノイズを20dB(10%)も下げることができます。

5. USB入力

iUSBP_web_05.jpg

このポートとコンピュータを接続してください。