ip.1.jpg

iPhono 04.png

iPhono 05.png

iPhono

6line.jpgiPhonoを初めて見た時には、わが目が信じられないでしょう。見かけはコンパクトなパッケージですが、その中に高品質で有能なパフォーマンスが隠されているのです。特長は、6つのステレオ・イコライザー・カーブ、MCカートリッジ用の負荷切替スイッチ、超低ノイズMCステージ、MMカートリッジ用の負荷切替スイッチ、ゲイン調節スイッチ、CDにも迫る超ワイドなダイナミックレンジを実現した模範的なAクラス回路です。

iphono-2_545pixel.jpg

従来はこういったハイエンド仕様は、少なくと10倍以上の値段の、ごく限られたフォノ・プリアンプでしか実現できませんでした。何より重要なのは、控えめな価格にもかかわらず豊富な特長を備えたiPhonoがあなたのLPレコードのシステムを強化してくれることです。

iPhono_DRange02.jpg


CA.jpg

Class A TubeState

LPレコード再生システムにiPhonoを加えると、レコード針が溝に落ちた瞬間に、 iPhonoが特別なものであることがわかるでしょう。これこそレコードの本来あるべき音だと感じることができるのですが、これに少なからず貢献しているのが、3つの装置を合わせて用いたClass A TubeStateによる増幅です。これが自然で実体感のあるサウンドを生み出すのです。

これまでは不可能と考えられていた究極のパフォーマンスを達成するために、iPhonoのエンジニアたちはオーディオ設計の黄金時代にまで遡りました。iPhonoは、精巧なClass A TubeState増幅(Aクラス管球アンプ式増幅)を基本にして、すべてが設計されています。バイポーラー・デヴァイス、J-FET、アドヴァンスト・ディスクリート・コンポーネントの3つを合わせて用いた増幅です。それは普通のフォノ・ステージなどではまったくないのです。

歪みが低減し、ダイナミックレンジが改善され、優れたトランジェント特性が得られたことで、あなたの音楽コレクションが生き返ります。ロック、ジャズ、クラシック ― 音楽が甘美に、生き生きと、ほんもののように鳴り響きます。あなたの音楽コレクションの潜在能力が、ついにフルに引き出されたのです。

db.jpg

個別負荷(Load)設定

iPhonoは、あなたのLPレコードに完璧に合っているだけではありません。カートリッジにも完璧に合っているのです。ゲインを66dBまで調節することができ、MMカートリッジとMCカートリッジに対して、個別に負荷(Load)を幅広く設定することができるので(何倍も高価なフォノアンプだけが備えているハイエンドな特長です)、どんな価格のどんなカートリッジにも最適な調節が可能になり、これによってiPhonoはLPレコードから美しい音を引き出すことのできるもっとも対応幅の広いフォノステージアンプのひとつとなっているのです。

ifi-iphono_10.jpg

6line.jpg

初期ステレオ盤再生必須機能!
EQカーブはR.I.A.Aのみにあらず

iPhonoを初めて見た時には、わが目が信じられないでしょう。見かけはコンパクトなパッケージですが、その中に高品質で有能なパフォーマンスが隠されているのです。6つのステレオ・イコライザー・カーブも特長のひとつです。iPhonoは、選択可能な6つの異なるステレオ・イコライザー・カーブを備えています。ですから、LPレコードを間違ったイコライザー・カーブで再生し、最高とは言えない音質に耐えなければならないということは、もうありません。iPhonoはこの特長によって、最高に精確なフォノ・プリアンプのひとつとなっているのです。

iPhono_rontpanel_Step04.jpg

ifi-iphono_11.jpg

DECCA.pngDecca: London、Deutsche Grammophon (DG)、Archiv、EMI、Argo、NAB、他
(1980年以前のレコード)


riaa-logo.pngRIAA: 1980年代以降に発売されたすべてのレコード、及び1950年代以降に発売された一部のレコードで用いられている標準的なイコライザー・カーブ



Columbia_Records.pngColumbia/CBS、Epic、EMI(オリジナルがColumbiaのレーベルで発売されたレコード)(1980年以前のレコード)



ERIAA.pngeRIAA: 過度の位相変化と高周波のロールオフを伴う現代のレコード




IEC-logo.pngIEC: IECサブソニック・フィルターを用いたRIAA

eRIAA/IEC: IECサブソニック・フィルターを用いたエンハンストRIAA



仕様

●US/N比:(MC)>82db
●クロストーク:<-70db(1KHz)
●全高調波歪:<0.01%
●周波数特性:10Hz - 100KHz ±0.5dB
●出力インピーダンス:<110Ω
●電源:AC100-240V, 50/60Hz(ACアダプター付属)
●消費電力:4W
●サイズ:158(i)×68(w)×28(h)mm
●重量:198g(本体)
●保証:ご購入から1年(要保証書、または購入時レシート)
●標準的な小売価格:67,000円(税別)/72,360円(税込)
●バーコード:5081313801039(EAN)

5081313801039.jpg

1. DC電源入力

iPhono-web_1.psd

付属のローノイズACパワー・アダプターのみを使用してください。

2. EQ(イコライザー)カーブ選択スイッチ

iPhono-web_2.psd

Columbia、RIAA、Deccaの3つから選択してください。

3. RCA出力

iPhono-web_3.psd

アンプに接続してください。

4. MCカートリッジ入力

iPhono-web_4.psd

出力電圧1mV以下のMCカートリッジを接続してください。

5. 設定スイッチ

iPhono-web_5.psd

設定の詳細と設定用のマイクロ・スイッチはiPhonoの底面をご覧ください。

6. MMカートリッジ入力

iPhono-web_6.psd

出力電圧1mV以上のMMカートリッジ及び高出力のMCカートリッジを接続してください。

カーブ設定

ヒント:
最高の音質を得るには、ゲイン、Load(負荷)、EQ(イコライザー)の設定を正しく行ってください。

ヒント:
EQカーブの種類
● Columbia: Columbia/CBS、Epic、EMI(オリジナルがColumbiaのレーベルで発売されたレコード)などのレーベルで1980年以前に発売されたレコードで用いられているEQカーブです。
● RIAA: 1980年代以降に発売されたすべてのレコード及び1950年代以降に発売された一部のレコードで用いられている標準的なEQカーブです。
● Decca: Decca、London、Deutsche Grammophon (DG)、Archiv、EMI、Argo、NABのレーベルで1980年以前に発売されたほとんどのレコードで用いられているEQカーブです。

RIAA EQで再生したLPレコードの音が輝かしすぎる、きつい、やせている、スケール感と張りが不足していると感じられた場合は、Decca EQを試してみてください。
再生したLPレコードの音が輝かしすぎると同時に低域が誇張されて濁っていると感じられた場合は、Columbia EQを試してみてください。

ヒント:
RIAA EQは4種類の異なったカーブを選択できます。eRIAA(エンハンストRIAA), IEC(標準RIAA+サブソニック・フィルター)、RIAA(標準RIAA、工場出荷時の設定)、eRIAA+IEC(エンハンストRIAA+サブソニック・フィルター)です。iPhonoの底面に配置されたマイクロ・スイッチで選択してください。