iLINK - front.png

iLink 04.png

iLink 05.png

iLink

24Bit/192KHz対応バランス型USB-DDC(USB to S/PDIF)
独自超低ジッター回路"JET"(Jitter Elimination Technology)搭載
"Super Digital Output"ノーマルSPDIF及びハイ・ヴォルテージSPDIF出力対応

市販DDC主流機種の3分の1以下のジッターを実現
Say goodbye to Jitter
iLINKはUSBからSPDIFへの究極のDDコンバーターです。iFIのエンジニアたちはコンバーター・チップから出発するのではなく、さらにその前に遡り、伝送と変換の過程のすべてを分析しました。この基本的な作業によってのみ、主流となっているコンバーターがもともと持っている音の欠陥を克服することができたのです。

デジタル信号がひとつのフォーマットから他のフォーマットへ変換される時には、おびただしい段階で確実にジッターが発生します。音全体に悪影響を与えるジッターとそれに関連した望ましくない問題に取り組まなければいけません。iLINKは、Super Digital OutputとJitter Elimination Technology(JET)という、他のどんなコンバーターにも見られない高度なテクノロジーを備えた唯一のコンバーターです。24Bit/192kHzまでの非同期の高解像度オーディオを扱うこともできます。見かけは控え目なサイズですが、その中には超絶的なジッター除去能力が隠されているのです。オリジナルの録音への無比の忠実度を見せてくれます。

コンピューター・オーディオの音源からSPDIF DACのようなSPDIF入力装置に向けて、まったく忠実な録音を楽しむことがついに可能になりました。iLINKが完全な再リンクを実現したのです。

Super_DO.png

スーパー・デジタル・アウトプット

Super Digital Output(スーパー・デジタル・アウトプット)には、以下のような全例のない特長が盛り込まれています: 高出力電圧、絶縁、純正バランス出力、完璧なインピーダンス・マッチング、電光石火の起動時間。これらの技術はすべて、SPDIFの伝送プロトコル(オプティカル、BNC/RCA、XLR)を注意深く分析し、考え抜いて再設計したことにより、開発されたのです。目的は手段を講ずるだけの価値がありました。ジッター、ノイズ、その他の問題が限界まで低減したのです。
出力電圧は2系統
iLINKは出力電圧の異なる2つの出力端子(ハイ・レベルとノーマル・レベル)を備えています。出力側の電圧と受け側の電圧が異なると、ジッターが増加するなどの問題が生じるため、受け側のどのような電圧にも対応できるように、2つの出力電圧を供給できる別々の端子を設けているのです。出力端子のところでスイッチで電圧を切り替える方法もありますが、それではインピーダンスのマッチングが取れません。こうしてiLINKは、2つの独立した出力端子を備えることになったのです。もちろん出力電圧以外はすべてが同じ条件で設計されています。

JET.png

JET(ジッター除去技術)

JET(ジッター除去技術)は、他のコンバーターにはできないことをやってくれます。人間の耳がいちばん強く感じる可聴帯域のジッターを、決定的に取り除いてくれるのです。一般的な装置のジッター除去能力は、可聴帯域よりも上の高域でのみ効果を発揮します。現在の技術が抱えるこの「盲点」を理解し、ジッター除去能力を可聴帯域内にまで引き下げるための並外れた技術的ノウハウを投入することによって、JETは決定的に重要な可聴帯域内におけるもっともやっかいなジッターを特定して除去することができるのです。iLINKにおいてのみ、JETがジッターを追い払うのがわかります。JETはiLINKの主要な特長ですが、この機能は超高価なコンバーターにしか搭載されていないのです。

HD.jpg

24/192 HD アシンクロナス技術採用

コンピューター・オーディオ技術の進歩によって、音質はCDを上回るようになりました。iLINKは適切な力を持ったDACの音を最新のものにし、現代の高解像度デジタル・フォーマット(24Bit/192kHz及びそれ以上)からそのすばらしい潜在能力をフルに引き出します。


仕様

●24Bit/192KHz対応USB-DDC(USB to S/PDIF)
●USBオーディオクラス2.0ハイスピード対応
●電源:USBバスパワー駆動(ACアダプターなし)
●サイズ:168(L)×67(W)×28(H)mm
●重量:265g
●保証:ご購入から1年(要保証書、または購入時レシート)
●標準的な小売価格:46,000円(税別)/49,680円(税込)
●バーコード:5081313801053(EAN)

508131380105_BC iLink.png

1. デジタル・オプティカル出力(光出力)

web01.psd

DACやデジタルアンプへ接続してください。

2. JET(Jitter Elimination Technology
 ジッター除去テクノロジー)

web02.psd

JETはSPDIF接続時に発生するデータ関連のジッターを除去します。

ヒント:
JETは再生システムの音質を改善する機能がありますから、通常はこのスイッチをONにしておいてください。

3. スーパー・デジタル・アウトプット

web03.psd

DACやデジタルアンプへ接続してください。
NORMは標準電圧(0.5ボルト)のSPDIFへ、HIGHは標準よりも高い電圧(5ボルト程度)に対応したSPDIFに接続してください。

ヒント:
HIGHは再生システムの音質を改善しますので、接続するDACが高電圧入力に対応していれば、通常はHIGHを選択してください。しかし、日本で市販されている一般的な機器で、シーラス・ロジックのDACチップ(CS841X)が用いられた機器を除いて高電圧入力に対応したものはほとんどありませんので、通常はNORMをご使用ください。

ヒント:
スーパー・デジタル同軸出力は、起動時間がきわめて速く、純正バランス回路、完璧なインピーダンス・マッチング、フル絶縁によって、ジッターを最小限に抑えます。
スーパー・デジタル同軸出力は、オプティカル出力(光出力)よりも高品質な再生を可能にします。

4. USB入力

web04.psd

コンピューターからここに接続してください。

ヒント:
MAC OSXとLinuxは、iLinkにネイティブで対応しています。
MS Windows(XP以降)をご使用の場合は、iLinkをコンピューターに接続する前に、iFI-Audio専用共通ドライバーソフトをダウンロードして、コンピューターにインストールしてください。