iDefender_02.202.png

iDefender_01.201.png

iDefender_04.204.png

グラウンドループ・テクノロジー

iDefender_ISO.png

ノイズの多い電源を正しい方法で遮断します。



最初からUSB3.0準拠

iDefender_07.128.png

最新の、そして未来も見据えた仕様

USBポートの上流(送り側)に使用します

usb.png

USBは双方向性だからです

USBパワーを必要とするDACを使用する場合は

iPower-usa.png

iPower®(5V用)がお薦め
1μVまで静か


iDefender3.0®はグラウンドループ・ノイズと、ノイズの多いUSBパワーという、共通問題から信号を保護します。
1. グラウンドループのノイズを遮断します。システムのノイズフロアを著しく低減し、強弱の対比、暖かみ、解像度を改善します。
2. PCからのUSBパワーを遮断し、代わりにクリーンな外部電力を供給します(超低ノイズを実現するには、オプションのiPower® 5V用をご使用ください)。
3. USB3.0ポート・テクノロジー:最先端・最高のUSB仕様。

PCのUSBポートのようなソースに直結して使用して、グラウンドループを遮断し、USBの電源ラインを遮断します。コンピューター・オーディオファイル、ミュージシャン、ホームスタジオ・アーティストからオーディオのプロに至るまで、オーディオの再生クオリティーを改善します。

USBパワーを必要とするDACを使用する場合、最高のサウンド・パフォーマンスを得るには、iDefender3.0®の電源にiPower® 5V用のご使用をお薦めします。

iDefender_simple_example.png
側面のmicro USB端子から電源供給が必要です。

power_.pngノイズの多いUSBパワーを遮断します。しかし正しい方法で。

USBパワーを遮断する製品は数多くありますが、私たちが知る限り、それらはほとんど役に立ちません。それらの製品を使用しても、ノイズのもとになるアース接続はそのままだからです。
USBパワーを使用しない(ハンドシェークは除く)DACにiDefender3.0®を使用すると、通常のハンドシェーク(制御情報の交換)機能は保ったまま、アース接続を遮断し、アースループを除去することができます。ですから、ノイズの除去という点では、できる限り包括的に、しかも電気的に正しい方法で、これを実現しているということになります。

iPower-usa.pngクリーンなパワーが必要?iPower®の「電池よりも静かな」テクノロジーを投入しましょう。

iDefender3.0®はノイズの多い電源を遮断するので、USB内部パワーで稼働するDACに使用すると効果的です。

USBパワーを必要とするDACを使用する場合、DC 5V用のiPower®(別売り)にはマイクロポート用接続端子(DCからマイクロUSBへの変換ケーブル)が付属しています。1μVのノイズフロアという、ほぼ沈黙に近い性能を持ったiPower®のご使用をお薦めします。これは、ほぼ沈黙に近い性能を持った新種のDC電源アダプターで、消費電力も少なく、低ノイズです。

出力に12素子アレイ、入力に6素子アレイというテクノロジーを用いたiPower®を使用すれば、下流(受け側)の機器にほぼノイズなしの電力が「供給され」、近隣のコンポーネントにノイズが「漏れる」こともなくなるのです。

iUSB_text_JP.jpg

最先端のUSB3.0テクノロジー

iDefender_USB.png

iFiの信号系及び電源系のすべての最新製品は、USB3.0に準拠しています。USB3.0は、USB2.0のような下位規格と互換性があります。仕様の点では、USB3.0はUSB2.0よりも優れています。たとえば、ワイヤーゲージの仕様がより徹底しており、接続性能も良好だからです。

こういう理由から、iSilencer3.0®はUSB3.0に準拠し、しかもUSB2.0互換なのです。

iSilencer_iDefender_simple_example.png
別売りiSilencerと接続するとさらに効果的です。
iDifenderとiSilencerは直列に接続することが可能です。

Q&A - iDefender3.0はアースと電源を遮断するはずなのに、バスパワーで動作するDACに使った場合でもDACが動作するのは何故でしょうか?

質問1;
iDefender 3.0を外部電源なしで、バスパワーで動作するDACに接続して使用してもそのまま動作するということは、つまり電源が遮断されないということですか?

回答;
iDefender 3.0は「クラパム・ジャンクション」回路を内蔵しています。この回路は、DACが電力を必要とする時に外部電源が接続されていない場合には、バスパワーに切り替わるのです(つまりこの時は電源とアースに接続されます)。

質問2;
ということは、外部電源が接続されている時にだけ、電源が遮断されるという意味ですか?

回答;
いいえ違います。
iDefender3.0はDACが大きな電流を必要と「しなければ」、アースと+5Vラインをハイインピーダンスに切り替え、PCなどからのノイズを遮断します。また、DACが大きい電流を必要とする場合でも、外部電源を供給すれば同様にハイインピーダンスに切り替えます。

したがって、外部電源「なし」のiDefender 3.0の場合は

  • DACが約1mA以下を必要とする場合 → アース及び+5Vをハイインピーダンスへ切り替え、ノイズを遮断
  • DACが約1mA以上を必要とする場合 → アース及び+5Vで直接接続(つまりiDefenderは効果を発揮しません)

外部電源「あり」のiDefender 3.0の場合は

  • アース及び+5Vをハイインピーダンスへ切り替え、ノイズを遮断

以上のような仕様になります。

スイッチの切り替えは明快で瞬間的です。これはプロ用オーディオ装置を目指したものです。そういったプロ用装置では、外部電力が失われるということは、録音が中断するということを、あるいはDJにとっては、ひとつのセッションが中断するということを意味するからです。

仕様

  • USB3.0対応(2.0互換)
  • コネクター:USB33.0金メッキ
  • 寸法:48 (l) x 18 (w) x 8 mm (h)
  • 重量:6.5g
  • 保障:12か月
  • 要5V電源(別売りiPowerを推奨)

バーコード:5081313556632

iDefender_Bar.png

価格:6,800円(税別)/7,344円(税込)