iCAN 01.png

iCAN 05.png

iCAN 04.png

iCAN-ワンボックスで創るすべてのヘッドフォンに合うアンプ

ワンボックスですべてのヘッドフォンに合うアンプを創るというのは、ひとつの挑戦となりました。ヘッドフォンはきわめて多様だからです。私たちのエンジニアは、新しくiCANを設計するにあたって、アンプからではなく、ヘッドフォンから出発しました。

伝統的なヘッドフォン・アンプとは異なり、iCANの設計はヘッドフォンの全範囲を基盤に置いています。この非典型的なアプローチによって、iCANは、それぞれのヘッドフォンの潜在能力をフルに引き出す独自の能力を備えています。

なによりもまず、このヘッドフォン・アンプは最高の音質を実現するように設計されています。X-Bassによって、より深い、より豊かな、よりクリーンな低音を聴くことができます。3Dホログラフィックサウンド(3次元立体音響)システムは、ヘッドフォンによる音楽を、制約のある形ではなく、自由に流れる形に変えてくれます。

iCAN_Power.JPG

3D.jpg3Dホログラフィックサウンド・システム
レコーディングは、ヘッドフォンを前提にではなく、スピーカーを前提に行われます。よくある「頭の中で」音が鳴っているという体験は、これで説明がつきます。3Dホログラフィックサウンド・システムはこれを改良して、演奏者たちを頭の中から部屋の中へと移してくれるのです。

私たちが創りたかったのは、聴く人のイマジネーションを自由に走らせる、最高に活気のある音楽演奏を再創造してくれるヘッドフォン・アンプです。演奏者たちが聴く人の前で演奏するライブ・コンサートと同様の体験を与えてくれるヘッドフォン・アンプなのです。
活気に満ちた、ダイナミックな、解像度の高い音。聴く人を揺り動かす音楽です。とりわけ3Dホログラフィックサウンド・システムによって、私たちはまさにハイエンドの3D音場を、サウンドにダメージを与えるDSPなどを用いることなく、創造したのです。

これに近いものといえば、世界のレコーディング・スタジオで使われている、最高のプロフェッショナル・グレイドのヘッドフォン・アンプのいくつかしかありません。iCANは、スタジオ品質の音を手頃な価格で手に入れることを可能にしてくれたのです。

CA.jpgClass A TubeState
ヘッドフォンをiCANに接続した瞬間から、ヘッドフォンの本来あるべき音が理解できます。Class A TubeState増幅が大きな役割を果たしています。これによって、これまでにない明晰性とほんものらしさが生まれ、「瞬間を生きている」試聴体験を得ることができるのです。

究極の音質を得るために、私たちのエンジニアはオーディオ設計の黄金時代に目を遣りました。考え抜かれたiCANは、非伝統的なClass A TubeState増幅を誇ります。これは、「ハイブリッド」ではなく、「トライブリッド(三重融合)」の回路です。バイポーラー装置、J-FET、アドバンスト・ディスクリート部品を融合しているのです。

無視できる程度の歪み、優れたダンピングファクター、優秀なトランジェント・レスポンスによって、音楽がかつてないほど良い音で鳴ります。iCANがヘッドフォンに完璧に合っているということです。ロック、ジャズ、クラシック、どのジャンルの音楽も甘く、生き生きと、そしてなによりほんもののように、聞こえるのです。

XB.jpgX-Bass
あらゆる種類のヘッドフォンから最高の音を引き出すために、私たちのエンジニアは、苦労を惜しまず、何100ものヘッドフォンをテストし、測定し、試聴しました。

X-Bassサウンド・エンハンスメント・システムは、どんなヘッドフォンにも合うものとなりました。大型のヘッドフォンも、小型のヘッドフォンも、かつてないほどの、最高に深い低音に達することができるのです。

3Dホログラフィックサウンド・システムと同じように、そしてiFiのハイエンドのDNAに違わないように、X-Bass回路は音にダメージを与えるDSP#などは一切使用せずに機能します。

DD.jpgDirectDrive(ダイレクトドライブ)
iFiの設計者たちは最高のオーディオ品質を実現するために、試せることはすべて試しました。iFiのDirectDriveテクノロジーは、最短の信号経路を実現するために、ダイレクトカップリングされています。また、DirectDriveは、USB電源による多くのオーディオ装置と比較して、もっと強力な電源をより低い歪みで供給することができます。

ほんもののコントロール能力と確かな音を持つiCANの電源部は、アップルのiPod Touchの27倍のパワー、MacBook Airの9倍のパワーを持っています。サクソフォンが、生演奏で聴くことのできる、あの最先端の黄金の輝きを放ちます。ボーカルは、ほんとうに目の前で歌っているかのような実在感と奥行きを待っています。ドラムは、静かだと思っていたら、次には雷鳴のように轟きます。

Damping Factor.JPG

仕様

●ゲイン:0db、10db、20db切替
●S/N比:117db
●全高調波歪率:0.003%(400mV/150R)
●周波数帯域:0.5Hz~500KHz(-3db)
●出力:400mW(32Ω)
●入力端子:RCAステレオ、3.5mmミニプラグ
●出力端子:6.3mm標準プラグ
●電源 AC100-240V, 50/60Hz(ACアダプター付属)
●消費電力 4W (アイドル時) 10W(最大)
●サイズ 158(i)×68(w)×28(h)mm
●重量 216g(本体)
●保証 ご購入から1年(要保証書)
●標準的な小売価格:46,000円(税別)/49,680円(税込)
●バーコード:5081313801015(EAN)

5081313801015.jpg

1. ボリューム・コントロール

2. XBass

Phasellus 独自の設計による、ヘッドフォンの低域を増強する機能です。

 - Xバスを経由せずヘッドフォンに直結。
●●● 低域が不足気味のヘッドフォンに。
 ● 平均的な低音のヘッドフォンに。

ヒント:
まず ● の設定を試してみてください。それでも低域が不足気味な場合には ●●● の設定を試してください。

3Dホログラフィック・サウンド

Praesent 一組のスピーカーを聴いているような、立体的な音場を生み出します。

●●● 単調な音の録音に立体的な3D効果を。
 -   3Dを経由せず、ヘッドフォンに直結。
 ●  ステレオ効果が強すぎる録音に、立体的な 3D効果を生み出します。

ヒント:
ステレオ効果が通常以上に強調されている音楽(たとえば、クラシック、ジャズ、ロック)には ●  の設定を試してみてください。これによって、頭の中で鳴っていた演奏が自分の前で鳴っていると感じるようになります。
単調だったりモノラル的に聞こえる音楽(たとえば、ポップス)には ●●● の設定を試してみてください。これによって、音場が自分の周囲に広がります。

ヒント:
最高の音を得るには、曲ごとにXバスと3Dホログラフィックサウンドの設定を変える必要があります。

4. 6.3mmヘッドフォン出力

標準ジャック(6.3mm)のヘッドフォンを接続します。

5. DC電源入力

付属のローノイズACパワー・アダプターのみを使用してください。

6. RCA入力

RCAコネクターを装備している再生装置をここに接続してください。

7. 3.5ミリ・ミニプラグ入力

RCAコネクターを装備している再生装置をここに接続してください。

ヒント:
一度に接続できるのは、どちらか一つの入力だけです。