iFI micro iDAC2専用ファームウェアとその手順

幅広いテストをパスし、iFiのXMOSファームウェア バージョン5.1“Gelato(ジェラート”のダウンロードの準備ができました。

Gelato.png

最新のファームウェア バージョン5.1“Gelato”は「統合」されています。つまり、以下の製品のすべてに共通して使うことができるということです。

  • micro iDAC2
  • RETRO Stero 50
  • micro iDSD
  • nano iDSD

iFiのXMOSファームウェア バージョン5.1は、iDACiLINKには適合していませんので、これらの製品には使用しないでください。

iFi製品をご使用でない方は、XMOSを使用したiFi以外の製品で使用するためにこのファームウェアをダウンロードすることは避けてください。このファームウェアは所有権のあるXMOSファームウェアで、iFiの製品専用です。iFi XMOS DAC以外の製品にこのファームウェアを使用すると、機器が損傷する危険があります。

micro iDAC2では以下のファームウェアが利用できます。

1)ファームウェア バージョン5.1 “Gelato”

主な改良点:

  • 刷新されたXMOS“ディープ・コア・プロセス”ソフトウェアによって、SPDIFの様々な動作に対応します(以前はXMOSはUSBセクションを修正していました)。
  • DSD256をDoPモードで使用する際に、48kHzのサンプリングレートによるアップコンバージョンでDSD256が可能になりました。
  • DoPの標準仕様にまつわる問題が解決されました。トラックを切り替える時に発生する“クリック音”、ネイティブDSDとの音の違い、その他の小さなバグなどが修正されています。

2)サブバージョン 5.1A

このバージョン5.1Aによって、DSD256(DoP)が可能になりますが、USBインターフェース・レベルで768kHzが必要になります。

  • nano iDSDとmicro iDAC2は、DACレベルでは768kHzをデコードできませんが、USBインターフェース・レベルで768kHZのPCMを受けるようにプログラムすることができるので、DSD256(DoP)が可能になるのです。
  • バージョン5.1Aを使用する際は、PCMのオーディオ設定を手動で正しく変更しなければなりません(特にMACではこれが必要です)。そうしないと、オーディオがまったく出力されなくなります。
  • 換言すれば、PCMファイルを再生する際にはサンプリングレートを384kHZ以上に設定してはいけないということです。DSD256(DoP)を再生する時だけサンプリングレートを768kHzに設定してください。
  • DSDを再生する際にネイティブモード(つまりDoPではない)を使用する場合は、このファームウェアを使う必要はありません。使った場合には、DSDファイルがまったく再生されなくなります。

バージョン5.1Aは、nano iDSDとmicro iDAC2以外では使用しないでください。

注意: 一般にファームウェアのアップグレードに見られることですが、ダウンロード中に何か問題が生じると、製品に損傷が生じる危険があります。その場合はディーラーに修理を依頼してください。
ただの遊びでファームウェアをアップグレードしたりダウングレードしたりすることはお薦めできません。必要な時にのみアップグレード・ダウングレードしてください

ステップ1:下記より最新のファームウェアをダウンロードしてください。
保存はデスクトップなどわかりやすい場所を指定して下さい。

No. バージョン 日付 説明 Windows
ダウンロード
Mac OS
ダウンロード 
1. 5.1「ジェラート」/5.1A「DoP256」  Feb. 2016
NEW 
メジャー・アップデート
 ・ 刷新されたXMOS“ディープ・コア・プロセス”ソフトウェアによって、SPDIFの様々な動作に対応します(以前はXMOSはUSBセクションを修正していました)。
 ・ DSD256をDoPモードで使用する際に、48kHzのサンプリングレートによるアップコンバージョンでDSD256が可能になりました。
 ・ DoPの標準仕様にまつわる問題が解決されました。トラックを切り替える時に発生する“クリック音”、ネイティブDSDとの音の違い、その他の小さなバグなどが修正されています。 
 ・ マイナーアップデート及びバグフィックス 
ダウンロード ダウンロード
2.  5.0「バニラ」/5.0A「ストロベリー」 Aug. 2015  メジャー・アップデート
 ・ コードの最適化
 ・ DSD256をASIO経由のみで利用可能な5.0「バニラ」とDoPでも利用可能な5.0A「ストロベリー」のどちらかを適宜選択
 ・ マイナーアップデート及びバグフィックス
ダウンロード ダウンロード 
3.   4.10  Jul. 2015   ・DoP再生の強化、及び XMOS内部の「スター・クロッキング」テクノロジーのさらなる最適化 ダウンロード  
4.  4.06  Jul. 2015  ・XMOSのためのiFiオリジナル・ファームウェア  ダウンロード

注意:あらゆるファームウェアのアップグレードについて言えることですが、アップグレード中に何か問題が起こると、iFi製品が動作しなくなる危険性があります。もしもiFi製品が動作しなくなったら、保証適用外で修理する必要が生じます。
ですから、ただおもしろがってファームウェアをアップグレードしたりダウングレードしたりするのは、お勧めできません。必要な場合にのみ、アップグレードやダウングレードを行ってください。

ステップ2以降
Windows→こちら
Mac OS→こちら