Retro Stereo50iDAC2iDACiLink
nano iDSDmicro iDSD micro iDSD BLnano iDSD LEnano iONE共通
iFi Windows用ドライバーVer. 3.20.0(VISTA/7/8/8.1/10)
(2017.09.10)


iFi (by AMR) HD USB Audio Driver – for installation – 3.20.0.exe

1)すべてのUSBオーディオ用機器(USB DAC、プリンター、HDDなど)の接続をいったん外します。

2)コントロールパネルの「プログラム→プログラムのアンインストール」でサウンド再生関連XMOSドライバ(XMOS、AMR、iFIまたは他のベンダーから供給されたもの)をアンインストールして、この最新のドライバをインストールする前にコンピュータを再起動してください。
コンピュータのハードウェアに依存して、USBポートが変更された場合は、ドライバを再インストールする必要があります。

3)ドライバファイルを任意の場所にダウンロードします。(デスクトップなどわかりやすい場所を選んで下さい。)

4)当該iFI機器をコンピューターにUSBケーブルで直接接続してください。
Retro Stereo50、nano iDSD、nano iDSD LE、micro iDSD、micro iDSD BLのようなon/offスイッチがあるものは必ずonにし、ボリュームを十分な位置(12時あたり)にあげてください。その上でダウンロードした「iFi_(by_AMR)_HD_USB_Audio_Driver_V3.20.0.exe」ファイルを実行、画面の指示にしたがってインストールを進めます。(このドライバをインストールするためにアンチウイルスソフトウェアを無効にする必要があるかもしれません。)

●ステップ1 任意の場所にダウンロードしたドライバーファイルをダブルクリックして起動します。


●ステップ2 以下の表示が出たら「実行(R)」を選択してクリック

※このドライバをインストールするには、ウイルス対策ソフトウェア、及びWindows Defenderを無効する必要がある場合があります。

●ステップ3 プログラムが走り出し、以下Welcome to~の表示が出たら「NEXT」を押します。

●ステップ4 License Agreement(ライセンス認証)が表示されたら下図赤丸で示したボックスにチェックを入れてから「NEXT」ボタンを押します。

●ステップ5 Choose Install Location(インストールする場所)が表示されます。この際デフォルトの状態でC:\Program Files\iFi\USB_HD_Audio_Driverがすでに選択されていますので、そのままでOKなら「Install」をクリック


●ステップ6 インストール状態を示すバーが走りだしますので、そのままの状態でしばらく待ちます。

●ステップ7 バーが最後まで到達し、インストールが成功すると「Setup was complete succesfully」(セットアップに成功しました)と表示されますので「NEXT」を押します。

●ステップ8 以下Completeing the USB HD Audio Driver~が表示されたら「Finish」を押して終了します。

●なお、インターネット上のストリーミングサービス、iTuneのようなASIOドライバーに対応していないソフトウェアから音声を再生させる場合は、Windowsのコントロールパネル上の「サウンド→サウンドデバイスの管理→再生」ウィンドウを開くと今回インストールしたドライバーiFi(by AMR)HD-USB Audioが表示されますから、それを「規定値に設定」するようにしてください。

ご注意
万が一最新版3.20.0でうまくいかない場合、一旦「コントロールパネル→プログラム→プログラムのアンインストール」でアンインストール操作を実施した上で、以下旧バージョン(2.26.0)をインストールしてご使用ください。

Download:iFi (by AMR) HD USB Audio Driver – for installation – 2.26.0exe